• 印刷する

関西でベトナムの労働者増=近畿経済産業局

日本経済産業省の近畿経済産業局は20日、2月にまとめた「関西中小企業における外国人材の雇用・活躍の実態」の別冊として「関西におけるベトナム人増加の実態」を公表した。報告書によれば、関西におけるベトナム人労働者の伸びが全国に比べ著しく、2018年に初めて中国を上回った。

全国では中国がトップで、次いでベトナムの順だった。都市別でみると大阪府はベトナム人、東京都が中国人、愛知県ではブラジル人が最も多い。18年の関西におけるベトナム人労働者を在留資格別でみると、資格外活動(41%)、技能実習(40%)、専門的・技術分野の在留資格(13%)などとなった。トップを占める資格外活動とは、留学生のアルバイトなどを指す。

全国では技能実習が最も多く、14万2,883人(前年比35.4%増)。資格外活動が12万4,988人(同23.5%増)で、増加率が最も高かったのが、59%増の専門的・技術分野の在留資格(3万1,979人)だった。

また関西のベトナム人労働者増加の背景については、製造業が多く立地している点や関西の外国人雇用の導入の時期がベトナム人増加のタイミングと一致したことなどを挙げた。また、関西の日本語学校などがベトナム人留学生の受け入れに積極的などと結んだ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地場ジム、勝ち残りへの戦略 立地などで外資系との差別化強化(09/13)

南シナ海協議へ新枠組み、中国マレーシア外相会談(09/13)

起亜、Bセグセダン「ソルト」の予約開始(09/13)

メルセデスベンツ、Eクラスの新型発売(09/13)

北越と理文造紙、30億ドル開発計画=地元紙(09/13)

韓国の化学メーカー暁星、投資拡大へ(09/13)

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

ハノイ市街地からの工場移転、大幅に遅れ(09/13)

公共交通の分担率、HCMは1割満たず(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン