北スラウェシの地熱発電に中国が関心

インドネシアの北スラウェシ州トモホンの地熱発電に複数の中国投資家が関心を示している。トモホンの地熱資源は、電力に換算して140万キロワットにもなると推測されているが、現在電力として利用されているのは20万キロワットにすぎないという。国営アンタラ通信が20日伝えた。 北…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中が胸を痛めたノー…(04/23)

メイジ、新社屋に本社移転 「健築」な造り、来月に業務開始(04/23)

コクヨ、家具事業でインドネシアに現法設立(04/23)

トヨタ、小型SUVのHVモデルを投入(04/23)

国産車エスエムカ、2モデルの先行予約開始(04/23)

ブルーバード、国内初のEVタクシー導入(04/23)

ジョクジャ新空港、29日に国際線の供用開始(04/23)

AP2、首都第2空港の候補地3カ所を選定(04/23)

南スラウェシ州にもLRT敷設、4路線計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン