• 印刷する

テイクオフ:集合住宅である我が家の…

集合住宅である我が家の地上階の入り口にインターホンがある。来訪者は部屋番号を押し、居住者自身は鍵でも開けることができる一般的な仕組みだ。

この部屋に引越した当日、インターホン横の液晶画面に、暗証番号を押すよう表示があることに気付いた。暗証番号で建物内に入れるなら、鍵は要らないし、家人に開けてもらう必要もない。これは便利だと思い、早速居住者でもある管理組合の世話人に聞いてみた。

すると彼は、その暗証番号は居住者には教えられないという。暗証番号は、ピザなどのデリバリー業者に教えるものだという。居住者に教えずに外部に教える?そんな仕組みではセキュリティーは保てないと思い、思わず聞き返した。すると彼は、「だって部屋まで持ってきてほしいだろ」。彼が勝手に決めた仕組みではないかと思う。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米グーグルの関連企業が…(04/23)

三菱参画の軽鉄道、首都で開通 都市再開発に貢献、経済効果も(04/23)

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(04/23)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

FMG、3Qの輸出量が3830万トンに(04/23)

豪3月失業率5%に悪化、フルタイムは拡大(04/23)

豪連邦準備銀、NSW州の低失業率に疑問符(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン