• 印刷する

テイクオフ:集合住宅である我が家の…

集合住宅である我が家の地上階の入り口にインターホンがある。来訪者は部屋番号を押し、居住者自身は鍵でも開けることができる一般的な仕組みだ。

この部屋に引越した当日、インターホン横の液晶画面に、暗証番号を押すよう表示があることに気付いた。暗証番号で建物内に入れるなら、鍵は要らないし、家人に開けてもらう必要もない。これは便利だと思い、早速居住者でもある管理組合の世話人に聞いてみた。

すると彼は、その暗証番号は居住者には教えられないという。暗証番号は、ピザなどのデリバリー業者に教えるものだという。居住者に教えずに外部に教える?そんな仕組みではセキュリティーは保てないと思い、思わず聞き返した。すると彼は、「だって部屋まで持ってきてほしいだろ」。彼が勝手に決めた仕組みではないかと思う。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の夏、わが家はパパ…(02/21)

豪1月失業率、5.3%に悪化 年内の利下げは確実か(02/21)

大手各社が勤怠管理導入へ、過少支払い対策(02/21)

RBAが豪GDP2%に下方修正、新型肺炎で(02/21)

豪で中国製建材不足、業界損失は1日20万$(02/21)

IT企アルティウム、新型肺炎で売上打撃か(02/21)

豪車部品業界、新型肺炎拡大の影響最小限に(02/21)

新型肺炎影響なし?豪とNZ株式が最高値(02/21)

クラウンのカジノ事業、ウイルスで打撃(02/21)

ウェスファーマーズ上期増益、バニングス好調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン