• 印刷する

テイクオフ:集合住宅である我が家の…

集合住宅である我が家の地上階の入り口にインターホンがある。来訪者は部屋番号を押し、居住者自身は鍵でも開けることができる一般的な仕組みだ。

この部屋に引越した当日、インターホン横の液晶画面に、暗証番号を押すよう表示があることに気付いた。暗証番号で建物内に入れるなら、鍵は要らないし、家人に開けてもらう必要もない。これは便利だと思い、早速居住者でもある管理組合の世話人に聞いてみた。

すると彼は、その暗証番号は居住者には教えられないという。暗証番号は、ピザなどのデリバリー業者に教えるものだという。居住者に教えずに外部に教える?そんな仕組みではセキュリティーは保てないと思い、思わず聞き返した。すると彼は、「だって部屋まで持ってきてほしいだろ」。彼が勝手に決めた仕組みではないかと思う。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:半年前に手のひらの切開…(09/23)

豪州と米国、首脳会談開催 中国を念頭に連携した対応を確認(09/23)

対米アルミ輸出抑制を、関税回避で政府要請(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

豪小売再編活発、ビッグWや老舗ブーツ企で(09/23)

INPEXの豪上場は恩恵に=アナリスト(09/23)

〔ポッサムのつぶやき〕世界気候変動スト、豪社員も2千人超参加(09/23)

AGL、石炭火電の早期閉鎖案を一蹴(09/23)

〔政治スポットライト〕現金の政治献金百$上限に、NSWで法案(09/23)

国内線価格上昇、航空会社に引き下げ要求(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン