• 印刷する

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超

ミャンマー商業省によると、2018年10月~19年1月の対日貿易額は6億2,846万米ドル(約699億円)だった。日本への輸出額が4億6,160万米ドルに達し、日本からの輸入額は1億6,680万米ドルにとどまった。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが19日伝えた。

対日貿易黒字額は、2億9,480万米ドルとなった。日本への主な輸出品は、縫製品、水産品、コメ、黒ゴマ、ゴムなど。日本からは、機械類や電子機器、肥料、化学品、医薬品、自動車などを輸入した。

日本とミャンマーの貿易額は、15年度(15年4月~16年3月)は18億4,000万米ドル、16年度は20億米ドル、17年度は19億2,000万米ドル、18年4月~9月は10億米ドルだった。ミャンマーは18年、政府機関などの会計年度をこれまでの4月~3月から10月~9月に変更した。

ミャンマー投資委員会(MIC)の事務局、投資企業管理局(DICA)によると、18年10月~19年1月に同国への新規投資が認可された日本企業は5社で、投資額は計1,596万米ドルだった。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

水田の洪水被害、今年は昨年の半分以下(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン