工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測

タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーションは、今年の土地販売面積で前年比25%増の1,075ライ(172ヘクタール)を目指す。米中貿易摩擦に伴う中国企業の周辺国への移転が増加すると見込む。19日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 今年の販売面積は、タイ国内の工業団…

関連国・地域: 中国タイベトナム
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年は弊社の創業30周…(09/17)

【循環型経済】世界2位のポリ乳酸工場稼働 バイオプラ需要増、欧州大手合弁(09/17)

新車販売満足度、トヨタが2年連続で首位(09/17)

コッコン州の石炭火力、電力購入者を模索(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

ボルボ、南部ハジャイにショールーム開設(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

卜蜂が飲食業参入、台中にフライドチキン店(09/17)

マレー国境の通関24時間体制、9カ月延長へ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン