• 印刷する

GM、群山工場閉鎖に伴う休職者の復職推進

韓国自動車メーカーの韓国GMが、2018年5月の群山工場(全羅北道)閉鎖に伴い休職した社員約400人の復職を推進していることが15日、分かった。早ければ9月から順次、仁川・富平第2工場への配置が始まるもよう。韓国経済新聞が伝えた。

韓国GMは、富平第1工場で生産していた小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「トラックス」の生産ラインを同第2工場に移管し、来年から富平第2工場の勤務体制を現在の1交代制から2交代制に転換する計画を立てている。これにより600人規模の新規雇用が発生することから、当初は3年間の予定だった休職期間の大幅な短縮を決定したという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

放射能問題が新たな火種に 相次ぐ検査強化、五輪絡め批判も(08/23)

韓国が軍事協定を破棄、輸出規制強化に対抗(08/23)

アシアナ航空がダナン線増便、日韓減便も(08/23)

日韓議連総会が不透明に、政府間対立で(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

韓国とイスラエル、FTA交渉妥結(08/23)

7月の生産者物価、2年9カ月ぶり下落(08/23)

SKシルトロン、海外営業を本社一括対応(08/23)

ベンツコリア、部品物流センターを2倍に(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン