• 印刷する

GM、群山工場閉鎖に伴う休職者の復職推進

韓国自動車メーカーの韓国GMが、2018年5月の群山工場(全羅北道)閉鎖に伴い休職した社員約400人の復職を推進していることが15日、分かった。早ければ9月から順次、仁川・富平第2工場への配置が始まるもよう。韓国経済新聞が伝えた。

韓国GMは、富平第1工場で生産していた小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「トラックス」の生産ラインを同第2工場に移管し、来年から富平第2工場の勤務体制を現在の1交代制から2交代制に転換する計画を立てている。これにより600人規模の新規雇用が発生することから、当初は3年間の予定だった休職期間の大幅な短縮を決定したという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

現代商船の新社長「3Qに黒字転換可能」(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン