18年投資、前年から横ばい 製造業の資本集約型が立役者

マレーシア投資開発庁(MIDA)と貿易産業省は14日、2018年の国内外企業のマレーシアへの投資総額(認可ベース)を発表した。投資総額は前年比0.5%増の2,017億リンギ(約5兆5,055億円)だった。セクター別で製造業が37%増となった一方、サービス業と一次産品がそれぞれ17%減…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機その他製造金融天然資源小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(18:57)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(19:48)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

新型肺炎で26病院が受入態勢 旧正月の移動に警戒、保健省(01/24)

国内最大の浄水場が稼働、水道供給円滑化へ(01/24)

RM1=27.0円、$1=4.07RM(23日)(01/24)

三菱自、ピックアップ部門で唯一プラス成長(01/24)

デジタル銀行の認可、大手5社が申請を視野(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン