• 印刷する

駐在員の住宅賃貸、KLは月平均1621ドル

マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の駐在員向け住居賃貸料は、月額平均で1,621米ドル(約18万800円)――。英人材調査会社ECAインターナショナルの調査で分かった。14日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

ECAが昨年9月に実施した「宿泊施設調査」の対象は、駐在員向けの平均的な住居である「家具なし3ベッドルームタイプのマンション」。KLの賃料は過去3年間にわたり、国内経済の低迷や供給過剰などにより下落傾向を示していたが、18年は前年比で112米ドル上昇した。

一方でアジアの主要都市と比べると、上位10都市の最下位であるバンコク(3,880米ドル)と比べても半分以下で、KLの賃料はまだ低い水準にとどまっていることも分かった。賃料が最も高かったのは香港の1万929米ドル(世界でも首位)で、2位以下は東京(8,668米ドル)、上海(5,305米ドル)、ソウル(5,245米ドル)、横浜(4,865米ドル)。東京の賃料は観光客の増加なども影響し、首位香港を超える伸びを示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、金利3%に据え置き 年内にも追加利下げの公算大(09/13)

南シナ海協議へ新枠組み、中国マレーシア外相会談(09/13)

製造業売上高、7月は6%増の742億リンギ(09/13)

小売売上高、19年の伸び率4.4%に下方修正(09/13)

RM1=25.8円、$1=4.16RM(12日)(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

海運ハブライン、入居物件の保有会社を買収(09/13)

イナリ、台湾PCLと光トランシーバー合弁(09/13)

タドマックス、インダ島火力発電所で認可(09/13)

ホンリョン、東南アで病院事業に参入(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン