行政法規に企業の声、国務院が聴取を義務化

中国国務院(中央政府)弁公庁は13日、新たな行政法規を制定する際は企業や業界団体の声を反映させるよう義務付けることを発表した。プロセスの透明性を高め、政策を実際に即した質の高いものにしていく狙いだ。 先月20日に李克強首相が主宰した国務院常務会議の決定を受け、1日付…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国有株の年金基金への移管、年内に作業完了(12:57)

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(12:55)

テイクオフ:「娃娃魚」とは中国語で…(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

対中制裁関税から437品目除外 米、閣僚協議の前進にはずみか(09/23)

豪州と米国、首脳会談開催 中国を念頭に連携した対応を確認(09/23)

北京と上海に学べ、商環境改善措置を全国で(09/23)

日中が自動運転フォーラム、技術協力を推進(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

省間輸送の大型ばら積み貨物船、1843隻に(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン