LCCのセブ航空、新型15機の調達を計画

フィリピンの格安航空会社(LCC)最大手、セブ・パシフィック航空は、2022年までにワイドボディーの新型機を最大15機調達することを検討している。保有機材の燃費効率を高める狙い。旧型のエアバス「A330」8機と入れ替える。投資額は最大で約50億米ドル(約5,570億円)となる…

関連国・地域: フィリピン米国欧州
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

変異ウイルスの感染拡大、計95人に(11:57)

テイクオフ:毎年3月といえば、4月…(03/02)

コロナのワクチン接種開始 医療従事者ら、年内5000万人目標(03/02)

コロナ感染新たに2037人、計57万8381人(03/02)

映画館などの営業再開容認、5日から(03/02)

トヨタといすゞ、輸入制限車種に預託金(03/02)

公共事業省、インフラ整備に1千人雇用(03/02)

グリーナジー、民放大手の金融部門買収(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン