22年までにスマートシティーを100カ所に

タイ政府は、2020年末までに24都県の30都市、22年末までに77都県の100都市で、スマートシティー(社会インフラに次世代技術を導入する都市)を開発する計画だ。地域間格差や貧富の格差が少なく、生活の質が高い高所得国家を目指す。12日付バンコクポストが報じた。 国家スマートシ…

関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

政府が生産移転の誘致急ぐ 5年の追加減税、重点産業に恩典(09/23)

8月の輸出は4%減、再びマイナス転換(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

FTA・GSP輸出、1~7月は1%減(09/23)

レクサス、SUV「RX」の新モデル投入(09/23)

オレンジライン西部区間、閣僚会議で承認(09/23)

BTSタークシン橋駅の拡張、年内着工へ(09/23)

Uシティー、香港企業とインター校設立へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン