• 印刷する

18年インフラ支出、前年比41%増の1.7兆円

フィリピンの予算管理省はこのほど、2018年の政府インフラ支出が前年比41.3%増の8,036億ペソ(約1兆7,100億円)だったと明らかにした。予算を3.6%超えた。地元紙スターなどが伝えた。

フィリピン中央銀行のジョクノ総裁が6日、中銀総裁の就任直前に予算管理相として明らかにした。政府系企業(GOCC)や地方自治体を含めたインフラ支出の総額は8,862億ペソで、国内総生産(GDP)の5.1%相当となった。政府の大規模なインフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」を進めるための支出目標である「GDPの5%」を上回った。

ジョクノ氏は「ビルド・ビルド・ビルドは順調に進んでいる」と成果を強調。「数十年間の怠慢による道路、橋、大量輸送システムなどのインフラの立ち遅れは深刻だ」と述べた。予算執行期限の短縮など財政改革を実施したことも、目標達成の要因になったと説明した。

省庁別では、公共事業道路省が全体の6割を超える5,382億ペソ。前年から46%の大幅な伸びとなった。国防省、教育省、保健省のインフラ支出も目立った。

18年の政府歳出は3兆4,100億ペソで、予算を1.1%上回った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では女子中高生など…(08/05)

産業向け不動産、市況堅調に 首都圏南方、外出制限が追い風(08/05)

コロナ感染新たに6352人、計11万2593人(08/05)

地場航空3社、マニラ発着の国内線運休(08/05)

労働者への補償要求、外出制限強化で(08/05)

国家警察、首都圏などで検問所再設置(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

会社登記6万件超、外出制限の開始後(08/05)

政府系サイトに求人2万件、コロナでも(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン