ハノイの大気汚染対策に商機 遠い脱石炭、日系技術で対応

深刻なままのベトナム・ハノイ周辺の大気汚染対策のため、有害排気物質の除去で優れた技術を持つ日系企業が大きな事業機会を獲得しそうだ。再生エネルギー導入など根本的な解決を政府は目指すが、急拡大する電力需要に応えるため石炭火力への依存は当面続くためだ。ただ、中国・韓…

関連国・地域: 中国韓国ベトナム
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(11/15)

主要上場、増益は20社と躍進 拡大基調も建設は不振=3Q決算(11/15)

豊田合成、タイビンのエアバッグ工場拡張(11/15)

旭化成アドバンス、越でエアバッグの縫製(11/15)

HCMメトロ1号、投資額3.4兆ドン減額(11/15)

ベトナム航空など、テト前後に1220便追加へ(11/15)

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

新公示地価は不動産市場に悪影響=協会(11/15)

19年の石油火力発電量、25.7億kWhに(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン