• 印刷する

テイクオフ:エイズウイルス(HIV…

エイズウイルス(HIV)に感染したロンドン在住の男性が、幹細胞移植手術を受け、ウイルスを消滅させたというニュースが話題となった。世界で2例目の成功例という。この知らせはフィリピンにいる多くのHIV感染者に希望を与えたはずだ。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、フィリピンは2017年、アジアで最も急速にHIV感染者が増えている国となった。政府や民間の保健機関が無料で検査を提供し、HIV啓発キャンペーンを強化しているものの、国内ではHIVへの感染を「汚名」と恐れ、検査を受けない人々が多い。

カトリック教徒が多数を占めるこの国で、同性愛や同性婚に対する偏見や差別は根強く、HIVへの理解も広まりにくい。政府やカトリック教会が「汚名」イメージを拭い去ることが、治療を望む感染者の心理的な負担を取り除くことにつながると思う。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(17:55)

テイクオフ:フィリピンの首都の生活…(10/14)

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

長大、バイオマス発電参入 ミ島北部で再生エネ開発を加速(10/14)

太陽誘電、車載向けインダクター量産開始(10/14)

ローソンがアヤラと提携、23年度に500店目標(10/14)

サングレー空港の入札公示、官民連携で実施(10/14)

FDI純流入額、1~7月は39%減=中銀(10/14)

関税局の9月徴税額は13%増、目標を超過(10/14)

公道の違法物撤去、8%が期限に間に合わず(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン