• 印刷する

テイクオフ:エイズウイルス(HIV…

エイズウイルス(HIV)に感染したロンドン在住の男性が、幹細胞移植手術を受け、ウイルスを消滅させたというニュースが話題となった。世界で2例目の成功例という。この知らせはフィリピンにいる多くのHIV感染者に希望を与えたはずだ。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、フィリピンは2017年、アジアで最も急速にHIV感染者が増えている国となった。政府や民間の保健機関が無料で検査を提供し、HIV啓発キャンペーンを強化しているものの、国内ではHIVへの感染を「汚名」と恐れ、検査を受けない人々が多い。

カトリック教徒が多数を占めるこの国で、同性愛や同性婚に対する偏見や差別は根強く、HIVへの理解も広まりにくい。政府やカトリック教会が「汚名」イメージを拭い去ることが、治療を望む感染者の心理的な負担を取り除くことにつながると思う。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:主戦場はリアルからイン…(07/14)

マニラ首都圏で再び感染拡大 外出制限、一段の緩和見送りへ(07/14)

コロナ感染新たに836人、累計5万7006人(07/14)

6月の新車販売51.2%減、コロナ打撃(07/14)

MRT3号線の運行再開、乗客はまばら(07/14)

アンカスの2人乗り用シールド、政府承認(07/14)

トヨタ、地場社の社員送迎を効率化(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン