台糖量販店事業、赤字拡大でカルフールに売却か

台湾農産業最大手の公営企業、台湾糖業(台糖)の量販店事業で赤字が拡大していることが分かった。台糖には、フランスの量販店世界大手「カルフール」を台湾で展開する台湾家楽福(台湾カルフール)が譲渡に向け接触しているとみられている。6日付中央通信社が伝えた。 台糖の量…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいた時、台湾では…(11/18)

群創が701億元の回帰投資 過去最大、米国向け生産を振替(11/18)

米スーパーマイクロなど2社承認、216億元(11/18)

中小企業の投資支援、累計300億元を突破(11/18)

華為が新機種発表、通信業者は取り扱わず(11/18)

可成科技の董事長、「最悪の時期過ぎた」(11/18)

裕隆の3Q純損失は16億元、2期連続の赤字(11/18)

台プラベトナム製鉄所、来年に製品値上げ(11/18)

政府が中国医学産業を振興へ、2億元で基金(11/18)

カルフール、台糖からの引継店を改装開業(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン