• 印刷する

ゴンピン360、18年の利用者75%増に

香港のランタオ島・昂坪と東涌を結ぶロープウエー「昂坪(ゴンピン)360」の運営会社は5日、2018年の利用者数が前年比75.3%増の183万人だったと発表した。メンテナンスを実施した前年より営業日数が増え、大幅な伸びにつながった。

6日付香港経済日報によると、ワイヤーロープ交換のため、17年は1月から6月初めにかけて営業運転を停止。18年の営業日は前年よりも130日以上多かった。

1日当たりの平均利用者数は5.9%増の5,385人となり、過去10年で最多となった。地域別の利用者の割合は、欧米・アジアが58%、中国本土・マカオが27%、香港が15%だった。タイ(16%増)とフィリピン(11%増)からの利用者数の伸びが目立った。

同社の劉偉明(アンディ・ラウ)社長代理によると、香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋「港珠澳大橋」が昨年10月に開通してから、本土からの利用者数が著しく増えたという。

春節(旧正月)連休期間(2月5~11日)の1日当たりの平均利用者数は前年同期に比べ12.1%増えた。

昂坪360は3月と6月、香港市民を対象としたキャンペーンを開催する。香港IDカードの番号に「3」「6」「0」のうち、どれか2つの数字が含まれていれば、無料でスタンダードキャビン(往復)を利用できる。同行者は3人まで料金を20%割引きする。メンテナンスで運休となる3月6~26日の期間中、対象の市民は「360ランタオ・ランド&シー・ガイドツアー」を無料で利用できる。

4月以降は隔週土曜日の午後2時半から、ランタオ島大澳の文化に触れる体験ツアーを実施する。


関連国・地域: 香港
関連業種: サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5月1日からの新元号「…(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

2Q中小景況感がV字回復 4四半期ぶりの上昇、3年で最大(04/25)

啓徳体育園が起工、工期の遅れには賠償金も(04/25)

共有オフィス、高級路線で差別化(04/25)

香港航空の株主対立、取締役ポスト巡り紛糾(04/25)

銀聯、香港スマホ決済市場の開拓に意欲(04/25)

4日続落、主力銘柄に売り=香港株式(04/25)

バンカーの転職先、香港は依然として人気(04/25)

香港で日本食材販促、健康促進絡め=領事館(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン