• 印刷する

比中連合のLNG基地計画、石油公社も参画

フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピン、中国国営中国海洋石油(CNOOC)傘下の中海石油気電集団(CNOOCG&P)と、国家石油公社(PNOC)の3社は2月28日、バタンガス州で液化天然ガス(LNG)受け入れ基地の建設計画の推進で覚書(MOU)を締結した。同計画は当初、フェニックスとCNOOCの2社の主導で進める予定だったが、新たにPNOCが加わることが決まり、3社で正式に協力を確認した。

同計画は、年間受け入れ能力220万トンのLNG貯蔵・再ガス化施設(建設費6億8,600万米ドル=約768億円)と、発電容量200万キロワット(kW)のLNG火力発電所を建設する。年内に着工し、2023年の稼働を目指している。

出資構成などは現時点で明らかになっていないが、地元紙インクワイラーは、PNOCの出資比率は最大で10%と報じている。

マニラ首都圏タギッグ市で行われたMOUの調印式には、3社の首脳のほか、クシ・エネルギー相も立ち会った。

PNOCは昨年まで、フェニックスなどとは別に同州でLNG輸入基地の建設を計画し、合弁相手を選ぶ入札を実施していたが、1月17日に入札の打ち切りを宣言し、フェニックスなどと協調する方向に転換した。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 化学建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:燃えるような赤い夕日が…(02/24)

ヤマハ、工場新棟を稼働 生産能力倍増、コロナ禍も好機に(02/24)

コロナ感染新たに1414人、計56万4865人(02/24)

PNB銀、みずほリースとの合弁に追加出資(02/24)

セキュリティー銀、アユタヤ銀合弁に増資(02/24)

クラウンアジア、南北通勤鉄道で資材納入へ(02/24)

通信ディト、3月8日にサービス開始(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン