• 印刷する

《日系進出》楽天証券、香港に金銀取引の子会社

楽天証券(東京都世田谷区)は1日、香港で金・銀の証拠金取引を提供する子会社を新設したと発表した。香港での事業展開は外国為替証拠金取引(FX)事業のラクテン・セキュリティーズ・ホンコン(楽天証券香港)に続き2件目となる。

子会社の名称は「ラクテン・セキュリティーズ・ブリオン・ホンコン(楽天証券ブリオン)」。香港、中国本土、台湾の中華圏で特に注目が集まる投資商品の金、銀の2銘柄を、今年後半をめどに現地と海外の個人投資家に対して、香港の業界最低水準となるスプレッドで提供する予定。

楽天証券は海外で、2015年に香港、16年にオーストラリアにそれぞれFX事業の子会社を、17年にはマレーシアに合弁のネット専業証券会社を設立している。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 鉄鋼・金属金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

香港SIerが東南ア事業強化 売上高、5年で5億米ドルへ(18:44)

モルスタ、マカオカジノ収入予測を下方修正(17:51)

米社も香港見通しを引き下げ 社会混乱、中国との一体化懸念(09/18)

生産力局、中小・ベンチャー企業を支援(09/18)

6~8月の失業率、横ばいの2.9%(09/18)

多国籍企業の9割、香港撤退ならシンガへ(09/18)

ホワイトカラーの6割、企業側が人員削減検討(09/18)

「大規模な資金流出見えず」、HKMA総裁(09/18)

香港取引所、LSEの主要株主と直接交渉(09/18)

続落、世界経済に懸念広がる=香港株式(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン