政権の不当圧力、著名記者逮捕で非難の声

【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ政権に批判的なニュースサイト「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)が報道内容を巡り逮捕され、裁判で有罪になる可能性も出ている。既に保釈されたが、人権団体からは「政権による不当圧力だ」と非難の声が上がっている。 今月13日に当…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国民の80%がカトリッ…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

3月の国際収支、黒字6.3億ドルに拡大(04/22)

内国歳入庁、外国人就労者の税務調査に本腰(04/22)

2月卸売物価3.2%上昇、5カ月連続で減速(04/22)

PEZA、住宅含む総合的な経済特区開発へ(04/22)

塩ビ管ネルテックス、地熱エネ利用で契約(04/22)

ロペス財閥の持ち株会社、18年は39%増益(04/22)

17日為替:$1=51.765ペソ(04/22)

外国人証券運用、3月は7.4億ドル売り越し(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン