• 印刷する

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区

18日発表された広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」に関する計画の綱要では、香港のナンバープレートだけを持つ自動車が中国本土側を走行できるよう検討することが盛り込まれた。本土側のナンバーを取得しなくても走行できるようになれば、貨物輸送などの利便性が上がりそうだ。

「人員・貨物の往来利便化」に関する項目で触れた。マカオのナンバーだけを持つ車両が珠海・横琴新区を走行できる利便化策を改善するほか、本土で走行可能な範囲を広げることも検討する。外国人が大湾区内を移動する際の利便化措置も図る方針。

大湾区に位置する港湾の国際提携を強め、港湾産業園区の共同建設や港湾アライアンスの組成を具体策として提示した。大湾区内の空港の拡張を支持し、鉄道網や高速道路網の拡張も進める。

通信分野では、3地域の通信会社が携帯電話のローミング費用と長距離通話料金を引き下げるよう推進。ローミング費用と長距離通話料金の徴収廃止を積極的に検討すると明記した。

エネルギーの確保に向けては、大湾区内での送電網の整備、大型石油備蓄拠点の建設加速、液化天然ガス(LNG)ターミナルの新設・拡張を盛り込んだ。

医療では、条件を満たした外国人の医療人員が横琴新区で就業できるよう検討する。


関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数週間前から激しいじん…(03/21)

人工島開発に6240億ドル 政府試算、インフラ事業で最高額(03/21)

12~2月の失業率、4業種で改善(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

HKEX、18年は企業取締役120人制裁(03/21)

反落、刺激材料に乏しく=香港株式(03/21)

モスが海外初の日本コンセプト店、九龍湾に(03/21)

TVBの通販、コンビニで商品受け取り可に(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン