• 印刷する

米国の玩具製造、中国から越へ移転の動き

米国の玩具業界が、製造拠点を中国から他国へと移す動きを強めており、ベトナムも有力な移転先候補になっている。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が19日に伝えた。

背景には、米中の貿易摩擦激化がある。米国の玩具業界関係者は、中国から米国へと製造拠点を移した場合、製品価格は5倍になると指摘。もし中国製玩具に25%の関税が実施されたら、経営破綻も不可避だとしている。

米玩具大手のハスブロは、中国での玩具生産比率を、2020年までに60%まで下げる方針だ。同比率は、18年には69%、12年には86%だった。生産の移転先候補は、米国、メキシコ、インド、そしてベトナムが挙がっている。英調査会社ユーロモニターインターナショナルによると、ベトナム、インドネシア、マレーシアの玩具製造業界は、12~17年の期間に2桁成長を維持していた。


関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

銀行のバーゼル2、移行に壁 不調なら中銀が業界再編を主導も(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ハノイメトロ2A号線、15日間は乗車無料(03/22)

バンドン―モンカイ高速道路、4月3日着工(03/22)

韓国ソウル交通公社、ダナン都市鉄道で覚書(03/22)

ビンホームズ、不動産ブランドを2つに整理(03/22)

電力料金値上げ、20日から平均8.36%(03/22)

サムスン、8Kテレビを特典付きで発売(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン