• 印刷する

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳

ミャンマーの首都ネピドーで18日、中国が提唱する広域経済圏構想「一帯一路」を推進するための第1回目の実行委員会が開催された。実行委員会の議長を務めるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は、政府の計画や方針に合致した事業を選択する必要があると強調した。

ミャンマーで「一帯一路」を推進するための実行委員会が初会合を開いた=18日、ネピドー(情報省提供)

ミャンマーで「一帯一路」を推進するための実行委員会が初会合を開いた=18日、ネピドー(情報省提供)

国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが19日伝えた。

スー・チー氏は、「一帯一路への参加はミャンマーだけでなく周辺諸国にとっても有益だ」と意義を強調。その上で、「(同構想による)開発事業は短期的、長期的な観点から検討し、政府の計画や方針に合致している案件を選択する必要がある」と語った。

実行委員会の副議長であるミン・スエ副大統領も、「一帯一路の下で事業を進める周辺国の経験に学び、ミャンマー国民に利益のある真に必要な開発を選んでいくことが重要だ」と述べたという。

会合では、タン・ミン商業相が「中国・ミャンマー国境経済協力地区」、ソー・ウィン計画・財務相が「ミャンマー・中国経済回廊」について、事業の進ちょくを報告した。

スー・チー氏と、中国の習近平国家主席は2017年12月、「一帯一路」のもと、ミャンマー・中国経済回廊を開発することで合意。昨年9月に、同合意を推進するための覚書に調印した。以後、中国国境に接する北東部シャン州ムセと第2の都市マンダレーを結ぶ鉄道建設の事業化調査などを進めている。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【アジメシ】 ヤンゴンの中間層に人気のカフェ(03/21)

2月投資認可額は4.4億ドル 前月から横ばい、目標の3割に(03/20)

アパート法の早期成立、建設業協会が要請(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

ウェーブマネー、MEB銀と年金支払い業務(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

縫製品のCMP輸出、3月までで45%増(03/20)

混合食用油の合法化を、業界団体が要望(03/20)

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン