国営建設、独企業と首都に廃棄物発電施設

インドネシアの国営建設アディ・カルヤは、国内企業1社、ドイツ企業1社の3社合弁で独立発電事業者(IPP)を立ち上げ、北ジャカルタのマルンダに廃棄物発電施設を建設する計画を明らかにした。発電容量は5万キロワット、総工費は1兆5,000億ルピア(約117億6,000万円)を見込…

関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(10:39)

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(03/22)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

首都幹線道路、二輪配車アプリの客待ち禁止へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン