• 印刷する

中学中退者向けネット教育、試験運用始まる

カンボジア教育青年スポーツ省は17日、中学校(7~9年生)を中退した人にインターネットで無料の教育機会を提供する「基礎教育同等プログラム(BEEP)」の試験運用を開始した。複数の地元メディアが伝えた。

同日、首都プノンペンのカンボジア工科大学(ITC)内にBEEPの学習センターを開所した。自宅にパソコンのない生徒は、センターでオンライン学習プログラムに参加できる。

BEEPでは、数学や英語、IT、起業、観光などのコースを提供する。履修試験に合格すれば、中卒者として認定する。次のステップとして、労働省が提供する「技術・職業教育・研修プログラム」を無料で受講できる。

BEEPは教育省と労働省、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が提携し、ITCが協力してプログラムを開発した。教育省は今後、センターをプノンペンと北西部シエムレアプで約10カ所まで増やす計画だ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電力不足で計画停電実施 日照りが打撃、5月末まで継続(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

サタパナ銀、資本金3千万ドル追加(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

コンポンスプー州の太陽光発電、4月に稼働(03/20)

元デイリー創業者、クリッシャー氏死去(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン