• 印刷する

テイクオフ:遅すぎる――。日系の大…

遅すぎる――。日系の大手エンタメ企業が、海外向けアーティストやコンテンツの創出と海外進出を最近始めたことに友人が落胆していた。彼女は長年、カイロやアブダビを中心に文化交流事業に携わってきた。

「中東では、2005~10年に日本のアイドルやドラマのファンになった層が、11年頃からK―POPや韓流ドラマに流れている」。韓国エンタメが初めから世界市場を意識し、中東でも戦略的に展開してきた結果だとチクリ。「だって誰も来てくれないし、コンテンツは消されるし」と元J―POPファンは嘆くそうだ。

翻って当地ではどうだろう。20代前半の友人の間では、やはり韓国が優勢だ。昨年はアイドルグループ、モモランドの曲があちこちで流れ、そのたびにみなが踊っていたのも記憶に新しい。周囲から尋ねられる日本のアニメやアイドルにはいつも時代を感じる。日本ブームの再興はいつ来るのやら。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火から1…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

噴火の経済損失66億ペソ 政府試算、製造業は影響少なく(01/21)

避難区域内の立ち入り完全禁止へ、政府(01/21)

REIT関連改正法に署名、投資呼び込み(01/21)

バイク配車の試験運用、打ち切り勧める(01/21)

19年の国際収支78億ドル、4年ぶり黒字(01/21)

中銀、3月までに債務証券発行へ(01/21)

〔セブ通信〕大統領、交通インフラの財源確保へ(01/21)

渋滞緩和へインフラ整備、3840億ペソ規模(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン