• 印刷する

テイクオフ:遅すぎる――。日系の大…

遅すぎる――。日系の大手エンタメ企業が、海外向けアーティストやコンテンツの創出と海外進出を最近始めたことに友人が落胆していた。彼女は長年、カイロやアブダビを中心に文化交流事業に携わってきた。

「中東では、2005~10年に日本のアイドルやドラマのファンになった層が、11年頃からK―POPや韓流ドラマに流れている」。韓国エンタメが初めから世界市場を意識し、中東でも戦略的に展開してきた結果だとチクリ。「だって誰も来てくれないし、コンテンツは消されるし」と元J―POPファンは嘆くそうだ。

翻って当地ではどうだろう。20代前半の友人の間では、やはり韓国が優勢だ。昨年はアイドルグループ、モモランドの曲があちこちで流れ、そのたびにみなが踊っていたのも記憶に新しい。周囲から尋ねられる日本のアニメやアイドルにはいつも時代を感じる。日本ブームの再興はいつ来るのやら。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP予測に異例の批判 財務省、エコノミストは静観(08/16)

日本郵船、電子決済サービス始動へ前進(08/16)

輸入セメントの関税率、4割引き上げ検討(08/16)

運輸省、新マニラ空港建設に落札通知(08/16)

酒・たばこ増税法案、下院で可決(08/16)

MRT3号線の乗客26%減、4年ぶり低水準(08/16)

電力公社の債務、利用者への転嫁廃止に(08/16)

6月の海外送金受取3%減、10カ月ぶり水準(08/16)

米送金レミットリー、海外最大拠点を開設(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン