海洋のプラごみに強まる懸念 「廃棄物が世界4位」の統計も

ベトナム政府が、プラスチックごみの海洋投棄に危機感を募らせている。一部の統計では、ベトナムから出るプラごみが海洋投棄される量は、中国やインドネシアに続いて世界で4番目に多いとのデータもある。人件費が安いことで、かなりの量がリサイクルされているとの指摘がある一方…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大衆富裕層、30年には16%に 拡大する高額商品市場狙う企業も(03/26)

ホンダとスズキ、18年二輪市場の拡大けん引(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

ビンFの電動スクーター、ダナンに販売店(03/26)

HCM市メトロ、開通は21年=市人民委員会(03/26)

ベトナム航空、韓国路線に最新機導入へ(03/26)

シンガ企業、ゲアン省で港湾開発など計画(03/26)

VASCO、HCM市発のフライト欠航(03/26)

機能性繊維の興采、越に一貫工場建設へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン