• 印刷する

カカオが電動自転車シェアサービス、3月から

IT大手カカオの子会社、カカオモビリティーは3月に、仁川市と京畿道城南市両市の一部地域で電動自転車のシェアリングサービスを試験的に開始する。韓国では最初の試み。タクシー労働組合からの強い反対で、同じ目的地に向かう運転者と搭乗者をつなげるライドシェア(相乗り)サービス開始のめどが立たない中、活路を電動自転車に見出した。

仁川市は来月6日から6月まで、城南市は来月初めから10月まで、「カカオTバイク」の名称でサービスを運営する。仁川市は400台規模でスタートし、1,000台まで拡大する計画。城南市は600台規模でのサービスを検討中だ。

利用者は、カカオモビリティーが運営する地図アプリ「カカオTマップ」で最寄りの電動自転車の位置を検索し、決済したあと利用できる。料金は最初15分まで、1万ウォン(約1,000円)の保証金を含めて1万1,000ウォン。その後5分ごとに500ウォンの追加料金が発生する。電動自動車の返却場所は固定されておらず、利用者は好きな場所で乗り捨てることができる。

電動自動車のバッテリーの充電やメインテナンスはカカオモビリティーが行う。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月から夏にかけては、…(03/21)

現代自がインド開拓を加速 現地配車大手に335億円投資(03/21)

LG系列社を不当内部取引で調査、公取委(03/21)

20年間で賃金154%上昇も、生産性は低く(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

SKT、5G活用した野球中継を開始(03/21)

LGイノ、3Dセンサーと車載部品に注力(03/21)

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

新興市場向けモデル生産か、ルノーサムスン(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン