• 印刷する

豪大学新卒者の人気就職先、デロイトが首位

オーストラリアの新卒採用ウェブサイト「グラッドコネクション」が13日に発表した、大学在学生と大卒者の希望就職先トップ100社ランキングで、今年は会計事務所大手デロイトが首位に立ったことが分かった。学生の間では就職・インターンシップ先として会計・コンサルタント会社が変わらず上位を維持しているが、過去1年間に、データ分析や人工知能(AI)分野の人気も急拡大しているという。14日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が報じた。

今年のランキングでは、昨年に1位だった会計大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が2位となったほか、KPMGやアクセンチュア、EYなどの会計・コンサルティング大手が上位を占めた。デロイトのロイド新卒採用部長は首位を獲得したことについて、「わが社は企業会計だけでなく、地理学者や数学者向けの職種もあり、社内における職種の多様性が人気の理由になったのだろう」と話した。

また、今年のランキングでは、データ分析会社クアンティアム(Quantium)が9位となり、昨年の30位から大幅にランクを上げている。グラッドコネクションのパーチェス部長は、「過去1年間に、大学卒業生の間でデータ分析やAI分野に対する就職希望が顕著に伸びている」と説明。

一方で、データ分析スキルに対する企業からの需要も高まっているが、スキルを有する人材を十分に確保できない状況にあると述べ、「職業訓練校(TAFE)がデータ分析に関する資格の開発を進めていることから、企業は今後、必要な人材を大卒者に頼らずに済むようになるだろう」と期待感を示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

マツダ、豪アフターサービスで4年連続1位(19:39)

VICとNSW、夏季に停電発生の恐れ(19:39)

政府観光局、旅行サイト世界大手と提携(19:11)

豪メディア、広告収入低迷が収益圧迫要因に(19:39)

テイクオフ:最近首の周囲が赤くなり…(08/22)

医保加入割合、過去12年最低 保険料の上昇は顕著(08/22)

労働協約の承認期間、半年で半減の1カ月に(08/22)

豪準備銀、「世界経済不調なら追加利下げ」(08/22)

豪の軍備拡張、経済効果は過大評価=報告書(08/22)

ネット販売コーガン、退職年金市場に進出(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン