• 印刷する

香港のデータセンター市場、今年は17%増へ

カナダのコンサルティング会社、ストラクチャー・リサーチはこのほど、香港のデータセンターの市場規模について、前年の8億8,300万米ドル(約975億6,800万円)から、今年は17%増の10億3,000万米ドルに拡大するとの見通しを示した。2023年には17億米ドルに達すると見ている。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

リポートによると、NTTコミュニケーションズ、新意網集団(サンイービジョン)、米エクイニクスの3社が、香港市場の収益の55%を占める。新意網集団は、香港の大手デベロッパー、新鴻基地産(サンフンカイ・プロパティーズ)傘下のIT関連企業。

香港では現在、44の事業者が57のデータセンターを運営している。昨年は新意網集団が48万2,000平方フィート(約4万4,800平方メートル)で最大。2位のエクイニクスを66.2%上回った。今年は新たに5カ所が稼働する見通しだ。

ストラクチャー・リサーチの調査責任者ジェイブズ・タン氏は香港について、ハイパースケールクラウド事業者が自社のデータセンターを建てずに、コロケーションプロバイダーからデータセンターのキャパシティーを100%リースしている、アジア太平洋地域で唯一の国際ハブだと指摘。土地価格が高く、将軍澳エリア外では土地の入手が難しいため、こうしたデータセンターは賃料を高く設定できる。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(14:19)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン