• 印刷する

HIS、訪日需要喚起へマンダレー支店開設

店内に設けられた日本体験コーナー。浴衣の試着もできる=マンダレー(HISミャンマー提供)

店内に設けられた日本体験コーナー。浴衣の試着もできる=マンダレー(HISミャンマー提供)

大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)は8日、ミャンマー第2の都市マンダレーに日系旅行会社としては初めての支店を開設した。今後、伸びが見込まれる訪日観光需要を取り込むため体験型の店舗とし、パッケージ商品の販売に力を入れる。

HISは、最大都市ヤンゴンに3拠点を開設していたが、ミャンマー全域で訪日旅行需要が高まっていることに対応し、4拠点目としてマンダレー支店を設けた。

マンダレーは華人系人口が多く、富裕層の割合も高い。ただ、開業前の調査では、日本行きはチケット販売業務がメインで、パッケージ販売が行われておらず、本格参入することで市場を拡大できる潜在性が高いと判断した。マンダレー国際空港からは、ヤンゴン、タイのバンコク経由で日本への同日接続が可能だ。

HISがマンダレーに新たに開業した支店(HISミャンマー提供)

HISがマンダレーに新たに開業した支店(HISミャンマー提供)

約90平方メートルの店舗内に設けられた「日本体験ゾーン」では浴衣の試着体験ができるほか、日本製品の物販も行い、来店者が日本文化を知り、楽しめるようにした。進出日系企業向けに一部をレンタルオフィスとするほか、ミャンマー人の来店者を対象にアンケートなどによるマーケティングも行える。

HISミャンマー(H.I.S. Myanmar Travels Co.,Ltd.)の白川一城ゼネラルマネジャーは、「地場旅行会社からも、日本に関する知識がないために訪日旅行を販売できないと聞く。HISの支店開設で日本の知識を共有し、マンダレー全体に『訪日の流れ』をつくりたい」と話す。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

【アジメシ】 ヤンゴンの中間層に人気のカフェ(03/21)

2月投資認可額は4.4億ドル 前月から横ばい、目標の3割に(03/20)

アパート法の早期成立、建設業協会が要請(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

ウェーブマネー、MEB銀と年金支払い業務(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

縫製品のCMP輸出、3月までで45%増(03/20)

混合食用油の合法化を、業界団体が要望(03/20)

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン