ミャントレード、中国・海南省に支所開設へ

ミャンマー商業省傘下の輸出振興組織ミャントレードは4月末、中国の海南省に海南支所を開設する計画だ。ミャントレードが海外に支所を設けるのは初めて。ミャンマーで生産した付加価値のある商品の販売を目指す。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが12日伝えた…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属農林・水産IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

住商、インフラ事業を推進 コンソーシアムが鉄道改修着工(05/20)

コーポレートガバナンスコード、来年公布へ(05/20)

ロヒンギャ27万人に身分証、国連が発行(05/20)

ヤンゴンバス車両、6割が新車に(05/20)

海外への新規出稼ぎ者、4月は2万人(05/20)

家畜業者、銀行融資の金利見直し求める(05/20)

無許可の中国系バナナ農園が拡大、カチン(05/20)

CNGバス増加、日量65万立米のガス供給(05/20)

河川中州が中国企業に不当賃貸か=ザガイン(05/20)

国産映画が保存の危機、日本からケース寄贈(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン