• 印刷する

豪1月企業景況感、大幅下落の前月から回復

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は12日、オーストラリアの1月の企業景況感指数が前月(修正値)から4ポイント上昇の7、企業信頼感指数が1ポイント上昇の4となったと発表した。ただし、12月の景況感は前月から8ポイント下落(修正後)と大きく悪化しており、今回若干回復したものの、依然としてトレンド値を下回っている。

NABは非農業部門の約400社を対象として、2019年1月24~31日に調査を実施した。同指数は、ゼロポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回っており、ゼロポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。景況感指数は現在の景況に対する満足度を示し、信頼感指数は向こう3カ月間の短期景況見通しを示している。

主要指数は、利益が4ポイント上昇の5となったほか、◆売上高:3ポイント上昇の10◆雇用:1ポイント上昇の5◆新規受注:3ポイント上昇の2――となった。在庫は横ばいの2、輸出も横ばいの1だった。

州別の景況感(トレンド値)は、タスマニア(TAS)州が13で首位だったほか、西オーストラリア州が11、ビクトリア(VIC)州が9で続いた。信頼感は、TAS州が13で首位となった一方、VIC州が1と全国で最低となった。

産業別の景況感(トレンド値)では、資源が22でもっとも高かった。小売りは全業種のうち唯一のマイナスが続いている。

NABは、雇用が堅調なことは評価するものの、景況感と信頼感が共にトレンド値を下回る傾向が続いていることから、企業が今後の景況感見通しについて悲観的になっていることがうかがえるとしている。また、政策金利の引き上げは2020年後半までないとの見通しを示した一方、今年後半には利下げの可能性もあるとの見方を示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:石灰岩の鍾乳洞で有名な…(02/15)

住友、WA州電力企に食指 保有発電所とシナジー効果狙い(02/15)

豪連邦、資源産業活性化の20カ年計画発表(02/15)

豪大学新卒者の人気就職先、デロイトが首位(02/15)

3年内に金融業界の監査を実施=連邦政府(02/15)

決算シーズン、政治不安と融資厳格化が影響(02/15)

NSW―SA電線、敷設なら電気料金大幅減(02/15)

アダニのQLD炭鉱、最終認可さらに遅延へ(02/15)

〔オセアニアン事件簿〕QLDの洪水で牛50万頭死亡、軍隊派遣要請(02/15)

インフラ諮問機関、EV施設の拡充を提案(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン