半導体業界は低成長予測、税優遇問題が影響

フィリピンの半導体業界は、今年の輸出成長率が記録的な低水準になるとの見方を示した。税制優遇措置を巡る法案の行方が不透明で、各メーカーが新規投資を控えていることを理由に挙げている。11日付ビジネスミラーが伝えた。 フィリピン半導体・エレクトロニクス産業連盟(SEI…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンの選挙での票…(05/27)

法案は労働市場「破壊」 投資減退も、実業界が警鐘(05/27)

ヤマハ発、二輪車年産能力を80万台に倍増(05/27)

4月輸入車販売、全車種好調で12%増(05/27)

オリコンサル、比鉄道事業の統括室設置へ(05/27)

3月卸売物価4.8%上昇、6カ月ぶり加速(05/27)

知財局、国際調査・予備審査業務を開始(05/27)

首都住民のごみ不法投棄、罰金を検討(05/27)

小規模銀行の預金準備率も引き下げへ、中銀(05/27)

外国人証券運用、4月は3億ドル売り越し(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン