官民連携に力、リスク課題も 「投資有望国」再浮上へ(下)

ミャンマー政府は、大型インフラ事業の手続き一本化と透明性に寄与するプロジェクトバンクの開設と同時に、官民連携(PPP)方式による投資呼び込みに力を入れる姿勢も打ち出した。計画・財務省と各省庁にPPP統括部門を設け、積極的に民間提案を受け入れる。ただ、政府のリス…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チン州、若者が将軍像設置に反対(16:16)

水協銀、ミャンマーで小口金融サービス(17:41)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

街路の景観整備、ヤンゴンで試験事業が開始(09/18)

ゾウコンニャクが値上がり、日中の需要増で(09/18)

マンダレーのコーヒー工場、解雇反対でスト(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

観光銀行、ネピドーにも店舗=3カ所目(09/18)

民間看護学校4校開校へ、人材不足解消で(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン