パキスタン新車、上期3.5%減 スズキが「軽」投入、韓国2社も

パキスタン自動車工業会(PAMA)の発表によると、同国の2018/19年度上半期(18年7~12月)の新車販売台数は前年同期比3.5%減の12万4,213台だった。今年はスズキが世界で初めて、日本の軽自動車の規格車両を現地生産するほか、韓国の現代自動車と起亜自動車の工場も完成。市場…

関連国・地域: 中国韓国インド日本パキスタン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/15)

新規オフィス入居が活発化 前年比17%増、過去8年で最高に(02/15)

米KKR、南部のオフィス整備に72億ルピー(02/15)

ボルボ、19年後半にPHVの組み立て生産(02/15)

米フォード、プネで相乗りサービスを開始(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

ホイールのマキシオン、タタ乗用車向け受注(02/15)

発動機キルロスカ、設備投資に15億ルピー(02/15)

印独合弁の窓枠大手、テランガナで工場稼働(02/15)

蓄電池アマララジャ、10~12月は2%減益(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン