寧徳時代がホンダと提携、電池を共同開発

福建省寧徳市に本拠を構える新エネルギー車(NEV)用バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が、ホンダと電気自動車(EV)などのNEV向けリチウムイオン電池を共同開発することが分かった。両社がこのほど、東京で契約を締結した。自動車情報サイトの蓋世汽車網な…

関連国・地域: 中国-福建日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、19年成長率は6.1%に減速(01/17)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(12:45)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(09:32)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

ホテル業界、恵みの雨はまだ 春節予約率3割、値下げ合戦も(01/17)

米中が第1段階の貿易協定 中国、対米輸入2千億ドル拡大(01/17)

19年の香港旅客数、下半期に大きく失速(01/17)

トランプ氏と劉氏、米中貿易協定を高く評価(01/17)

豪株式、初の7000ポイント突破 米中合意好感、NZも最高値(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン