寧徳時代がホンダと提携、電池を共同開発

福建省寧徳市に本拠を構える新エネルギー車(NEV)用バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が、ホンダと電気自動車(EV)などのNEV向けリチウムイオン電池を共同開発することが分かった。両社がこのほど、東京で契約を締結した。自動車情報サイトの蓋世汽車網な…

関連国・地域: 中国-福建日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

増値税の仕入れ控除を拡大 旅客運輸も対象、減税策続々登場(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

米中閣僚級協議、28~29日に北京で開催(03/22)

スービック鉄道などへのODA、中国と協議(03/22)

米が対中関税維持を示唆、大統領(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン