寧徳時代がホンダと提携、電池を共同開発

福建省寧徳市に本拠を構える新エネルギー車(NEV)用バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が、ホンダと電気自動車(EV)などのNEV向けリチウムイオン電池を共同開発することが分かった。両社がこのほど、東京で契約を締結した。自動車情報サイトの蓋世汽車網な…

関連国・地域: 中国-福建日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資、8月までで4割増 前年超えも目標達成は困難に(09/24)

中国、洪水被災地支援に10万米ドル寄付(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:建国70周年の国慶節(…(09/24)

国産品を中国で売り込み アリババのプラットフォーム活用(09/24)

政府、公共バス5600台導入へ 電気バスの需要が本格化(上)(09/24)

日中連携でバズる商品発掘 越境EC活用、地方中小を支援(09/24)

鴻海系FII、敏実とスマート工場で提携(09/24)

貿易発展局、19年輸出額を4%減と予測(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン