• 印刷する

物流STロジ、NTUCなどと人材育成で提携

STロジスティクスはNTUCラーニング・ハブ、NUSとそれぞれ人材育成に関する覚書を交わした(同社提供)

STロジスティクスはNTUCラーニング・ハブ、NUSとそれぞれ人材育成に関する覚書を交わした(同社提供)

オーストラリアの物流大手トール・ホールディングス傘下の地場物流STロジスティクスは1月31日、全国労働組合会議(NTUC)系で企業研修を手掛けるNTUCラーニング・ハブ、シンガポール国立大学(NUS)とそれぞれ物流業界の人材育成に関する覚書を締結した。

調印式は、トールが西部トゥアスで昨年7月に開業した次世代物流ハブ「トール・シティー」で行われた。製造業の生産効率化を図る「インダストリー4.0」を導入する動きが広がる中、物流業界で自動化、デジタル化に対応できる高技能人材を育てることを目指す。

NTUCラーニング・ハブとは物流業界の人材の技能向上に関する取り組みで提携。NUSとは学士・修士プログラム、技術習得コースの提供、専門家の認定などで協業する。

STロジスティクスはこれまで、政府の人材育成プログラムを支援したり、奨学制度を導入したりするなど、物流業界の人材の技能向上を積極的に進めている。

トールは2015年、日本郵政グループの日本郵便の傘下に入っている。


関連国・地域: シンガポールオーストラリア日本
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

域内企業幹部、19年に楽観的 人材のスキル不足は懸念材料(03/21)

1年半で42の金融機関に罰金、不正取引など(03/21)

テマセク子会社、CEOにサンドラセガラ氏(03/21)

米FCストーン、UOBの清算・決済子会社を買収(03/21)

株価反落、金融最大手DBSは0.3%安(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

グラブ、後払い決済など金融サービス拡充(03/21)

PSA、ポーランドのコンテナターミナル取得(03/21)

車両購入権価格、二輪車のみ値下がり(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン