EEP、首都東郊でRDF発電所8基増設

タイで再生可能エネルギー事業を手掛けるイースタン・エナジー・プラス(EEP)は、バンコク東郊サムットプラカン県にごみ固形燃料(RDF)発電所8基を増設する計画を明らかにした。再生可能エネルギー発電の需要拡大に対応する。28日付クルンテープ・トゥラキットなどが報じ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(14:50)

テイクオフ:「何と大胆な」と驚いた…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

ドンキがタイ1号店オープン 域内2カ国目、他店の半額以下も(02/21)

ダイムラー、ふそうの電気トラックを投入へ(02/21)

JBIC、車部品の江崎工業タイ法人に融資(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

ライモンと東京建物、トンローで高級住宅(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン