• 印刷する

テイクオフ:インドとサウジアラビア…

インドとサウジアラビア、どちらが日本人にとって住みやすいか。サウジに5年以上暮らす日本人家族と出会い、そんな話題になった。

危険、汚い、住んだ途端に体調を崩しそう――などなど。夫も妻も、インドに対する負のイメージを投げかけてくる。女性は外出する際にヒシャブ(ムスリムの女性が使う頭や体を覆う布)をまとわなければならないし、お酒は一滴も飲めないかの国。インドよりよっぽど大変そうだが、「裕福な国だから快適」という言葉に説得力があった。

電気や水が突然止まることなどもちろんなく、高速道路の環境は日本より優れている。車で小一時間、橋でつながった隣国バーレーンまで出かければお酒や世界のグルメ、夜遊びも楽しめるのでストレスフリーという。

インフラの不備が与えるストレスは大きい。インドは相対的に貧しいし、やはり、過酷な国なのだ。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪タクシーで実証実験 パナ、バッテリーの効率使用探る(05/17)

MG、第1弾「ヘクター」はハイブリッド車(05/17)

自動車販売低迷で部品業界打撃、生産縮小も(05/17)

米中摩擦はインドの好機=マヒンドラ会長(05/17)

貿易赤字、4月は153億米ドルに拡大(05/17)

ムルガッパ、130億ルピーの設備投資計画(05/17)

BtoB新興企業数、過去5年で3倍超に(05/17)

モンスーン到来、気象局の予測は6月6日(05/17)

食品通販グロファーズ、2億ドルの資金調達(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン