• 印刷する

中国で不振の現代自、現地生産人員を削減へ

韓国の現代自動車は、苦戦が続く中国での工場の人員削減に踏み切る。26日付韓国経済新聞などが伝えた。報道によると、現代自の中国合弁法人の北京現代汽車は、北京市内の第1〜第3工場で働く従業員から退職または第4工場(河北省滄州)、第5工場(重慶市)への異動希望を募っている。異動する従業員には5,000元(約8万1,170円)を支給し、退職する場合は勤続年数に応じた補償金を支払う。春節期間中の生産調整も検討しているという。

現代自は中国で2013年から4年連続で100万台を販売した。しかし米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による中韓関係の悪化、中国国内メーカーの台頭などで販売は苦戦。スポーツタイプ多目的車(SUV)の流行も、ラインアップがセダン中心の現代自には逆風となった。2018年の販売は79万台にとどまった。

同社は中国工場の稼働率の回復に向けて、昨年始めた東南アジア向け輸出も拡大していく考え。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:供給の遅れで一時停滞し…(06/15)

外国人労働不足が深刻化 入国予定の6%、労働規制も影響(06/15)

車や発電で水素本格活用へ、国際競争激しく(06/15)

コロナ新規感染者、77日ぶり400人下回る(06/15)

韓国とコロンビア、「高リスク」に引き上げ(06/15)

海外でのワクチン接種者、7月から隔離免除(06/15)

「韓国の生産力活用を」文氏がAZに要請(06/15)

韓国、首都MRT第4期工事への参入に意欲(06/15)

現代自会長が訪米、次世代事業を視察(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン