韓国家電に「新三種の神器」 大気汚染、空気洗浄が商機に

韓国で微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染問題が深刻化する中、空気清浄機、乾燥機、ホームクリーニング機が新たな「三種の神器」として浮上している。空気清浄機は、かつて必需品だったテレビや冷蔵庫、洗濯機の販売台数を上回った。家電大手のLG電子とサムスン電子は…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

24日に5Gフォン発表、MWCでLG電子(16:06)

海外の動画配信大手、韓国市場寡占の可能性(16:44)

起亜自が採用中断、業績悪化・コスト負担などで(17:42)

カカオ、現代重工と医療データ会社設立(17:04)

テイクオフ:事務所のあるソウル地下…(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/18)

韓国サムウ建築士事務所、HCM支社開設(02/18)

LG CNS、アマゾンとクラウド事業で協力(02/18)

最低賃金、文大統領が自営業者に一定の理解(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン