MBSの10~12月期、カジノ不振で減収減益

シンガポールでカジノ統合型リゾート(IR)を運営するマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)の2018年10~12月期決算のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は3億6,200万米ドル(約397億円)となり、前年同期から20.8%減少した。主力のカジノ部門の不振が大きく響いた。 M…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(16:12)

4月のインフレ率0.8%、約2年ぶり高水準(15:57)

KDDIと住商がゲーム事業 2年でシェア1割目指す(05/23)

テイクオフ:今月5日から来月4日は…(05/23)

データ漏えい、500人以上で報告へ 個人情報保護の新ガイドライン(05/23)

マレーシアのレッドワン、5社目のMVNOに(05/23)

全日空商事、空港にフードコート2号店(05/23)

共有オフィスの蘭スペーシズ、床面積2.2倍(05/23)

商業不動産投資が堅調、1Qは72%増(05/23)

淡水化施設の水処理膜、政府が入れ替えへ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン