• 印刷する

ブリヂストン、輸出強化で5%増収目標

事業計画を発表したタイブリヂストンの武田秀幸社長(中央)=21日、バンコク(NNA撮影)

事業計画を発表したタイブリヂストンの武田秀幸社長(中央)=21日、バンコク(NNA撮影)

タイブリヂストンは21日、今年の増収率目標を前年比5.4%増に設定したと発表した。国内のタイヤ市場は微増もしくは前年並みにとどまると予測しており、輸出を強化して増収を維持する。

タイヤ需要が拡大しているマレーシアやラオスへの輸出を強化する。同社の輸出先は、日本、オーストラリア、マレーシアなど64カ国以上。

国内では、乗用車用のラジアルタイヤの新製品を投入する。「コックピット」「オートボーイ」など系列販売店は計22~30カ所増設する計画。国内のREM(交換市場向け)タイヤ市場でのシェアを昨年の38.5%から40%に引き上げる。

2018年のタイのタイヤ市場は2,200万本。REMが1,050万本、OEM(相手先ブランドによる生産)が330万本、残りを輸出が占めた。

タイブリヂストンのタイヤの年産能力は1,500万本。販売競争が激しくなっているため、現時点で生産設備の増強は検討していない。

昨年は国内のゴム農家から11万6,000トンの天然ゴムを買い付けた。今年は12万トンを購入する。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(14:50)

テイクオフ:「何と大胆な」と驚いた…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

ドンキがタイ1号店オープン 域内2カ国目、他店の半額以下も(02/21)

ダイムラー、ふそうの電気トラックを投入へ(02/21)

JBIC、車部品の江崎工業タイ法人に融資(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

ライモンと東京建物、トンローで高級住宅(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン