• 印刷する

旧正月パレード、2月5日に開催

香港政府観光局(HKTB)は21日、旧正月(春節)恒例の「国泰航空新春国際匯演之夜(キャセイパシフィック・インターナショナル旧正月ナイト・パレード)」を、2月5日夜に九龍・尖沙咀で開催すると発表した。今年は15万人の来場者を見込む。22日付星島日報などが伝えた。

パレードは尖沙咀の香港文化中心を起点に、午後8時からスタートする。コースは広東道(カントンロード)や海防道などを経て、シェラトン・ホテルが終着点となる。中華圏で2019年の干支(えと)が豚であることにちなんだ縁起物の飾りや、拡張現実(AR)などの新技術を導入した花車(山車)9基が参加。このうち香港ディズニーランドの花車では映画「三匹の子ぶた」のキャラクターが登場する見通し。

会場では香港や米国、ハンガリーなど内外のパフォーマンスチーム25組がさまざまな演出を行い、パレードを盛り上げる。

香港文化中心には2,500~2,600席の観客席を設ける予定。観客席チケットは、今月26日から尖沙咀のスターフェリー乗り場にある「観光局旅客諮詢センター」で販売する。チケット料金は1人当たり300~480HKドル(約4,200~6,700円)で、購入は1人4枚まで。

■打ち上げ花火も

ビクトリア湾では6日午後8時から、新年を祝う花火大会が開催される予定。豚鼻をかたどった花火など、23分間にわたって計2万3,888発が打ち上げられる予定だ。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

支付宝HK、中国本土全域で利用可能に(21:32)

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

6月の旅行者数、伸び鈍化 観光局、デモ影響は今後顕在化か(07/22)

香港のレッソ、ヤンゴンで商業複合開発(07/22)

香港で再び大規模デモ、一部が中国出先機関に(07/22)

香港警察が爆薬押収、独立派ら3人逮捕(07/22)

香港の安定呼び掛け、中国共産党機関紙(07/22)

維達会長、TVBでのCM継続「影響ない」(07/22)

貿易業の失業率が悪化、デモの影響も徐々に(07/22)

沙中線の一部が来年開通へ、MTRC(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン