• 印刷する

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで

ミャンマーと中国が進める「ミャンマー・中国経済回廊」に沿う最初の経済特区(SEZ)が、中国との国境に近接する北東部シャン州クンロン~チンシュエホーの約2,430ヘクタールで開発される見通しだ。国営紙グローバル・ニューライト・オブ・ミャンマー、新華社電が20日に伝えた。

報道によると、現在、ミャンマーの法律に基づくSEZとして開発するための手続きを行っており、最大都市ヤンゴン近郊のティラワ、南部タニンダーリ管区のダウェー、西部ラカイン州のチャウピューに次ぐ新たなSEZになる見通しだ。土地の買収もこれからとなるため、着工時期はまだ明らかにしていない。

両政府は、クンロン~チンシュエホーを含むシャン、カチン両州で4カ所の経済開発区建設を計画。タン・ミン商業相は今月12日に行われた政府と民間企業関係者の会合で、2カ所目がカチン州になると述べ、間もなく開発への参画に対する関心表明書(EOI)を募ると述べていた。

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と、中国の習近平国家主席は2017年12月、中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」のもと、ミャンマー・中国経済回廊を開発することで合意。以後、両国が協力する鉄道建設やSEZの開発などの計画が進み始めている。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

コータウン空港改修で再入札 落札の地場航空会社が権利放棄(06/17)

トヨタ、ミャンマーで新型アバンザを発売(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

NEXI、商社2社のティラワ港出資に保険(06/17)

ヤンゴン、一部地域で計画停電6時間に延長(06/17)

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/17)

携帯決済オンゴー、小口金融BRACと提携(06/17)

金融規制局、金融包摂ロードマップを発表へ(06/17)

児童60万人以上が危険労働に従事=ILO(06/17)

ヤンゴンで手榴弾を模した不審物、一時騒然(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン