• 印刷する

抱月工業、JBICと池田泉州銀が融資

国際協力銀行(JBIC)は18日、鋼板の加工・販売を手掛ける抱月工業(大阪府交野市)のベトナム法人と融資金額25万2,000米ドル(約2,760万円、JBIC分)を限度とする貸し付け契約を締結したと発表した。池田泉州銀行(大阪市)との協調融資となる。

融資は、南部ドンナイ省の現地法人、抱月ベトナム(HGV)が予定する生産設備の増設に充てられる。HGVは2013年設立。ニョンチャック第3工業団地に工場を構え、鋼板を加工・販売している。堅調な経済成長に伴い、ベトナムを中心に今後も鋼板加工の需要拡大が見込まれることから、HGVの生産能力の向上を通じて事業拡大を図る。

抱月工業は1947年創立。従業員数は、2018年5月時点で80人余りとなっている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

バリアブンタウ省へ投資拡大 地方からの経済発展、日本が支援(06/27)

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ(06/27)

バンブー航空、航空スタッフ養成学校を創設(06/27)

ペトロベトナム、フン副社長が新社長に(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

ティエンフォンプラ、890億ドン無償増資(06/27)

国産偽造のアサンゾ、商工省が査察へ(06/27)

荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン