• 印刷する

アリペイ、早稲田大学生協で導入実験

浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)の日本法人アリペイジャパンは17日、早稲田大学キャンパス内の大学生協の一部店舗や食堂で、年初からアリペイの導入実験を開始したと発表した。大学生協がアリペイを導入するのは同大学生協が初という。

7日から、中国人学生の利便性向上を目的にアリペイの導入を始めた。まずは同大学早稲田キャンパス内の大学生協の食堂や雑貨、書籍、旅行窓口など5カ所で導入し、今後順次拡大させていくという。

今回の導入は、留学生の生活を支え、日本から海外に出る学生を支援する取り組みを行っている同大大学生協側から働きかけがあったことから実現。アリペイジャパンによると、早稲田大学には7,400人超の外国人学生が在籍しており、うち中国人学生は約3,100人とほぼ半数を占める。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: 金融IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(00:41)

1月の新築住宅価格、上昇は58都市に減少(02/22)

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン