• 印刷する

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開

5G体験バスではVRコンテンツを楽しめる(KT提供)

5G体験バスではVRコンテンツを楽しめる(KT提供)

韓国の通信大手KTが、今年3月の第5世代(5G)移動通信システムの商用化に合わせ、5G対応の仮想現実(VR)向けのキラーコンテンツに力を入れている。一般市民が5Gサービスを体験できるよう、同社が15日からソウル・光化門で運行を開始した「5G体験バス」で、恋愛シミュレーションゲーム「ラブレボリューション」のベータ版を公開した。

「5G体験バス」では、光化門と江南に設置された5G基地局から受信した信号をWi―Fi(ワイファイ)に転換することで、5Gを活用したVRコンテンツなどが楽しめる。バスの窓の部分にディスプレーを設置し、5G用のコンテンツが鑑賞できる。また、シートの横に設置しているVR用ヘッドセットを着用すれば、リモコンを通じてさまざまなコンテンツが選択できる。その中でKTの一押しがラブレボリューションだ。

数人の女性の中から対象を選択し、コーヒーショップや屋外などで仮想デートを楽しめる内容。その女性と仮想電話や仮想チャッティングなどもできる。ラブレボリューションは、男性のキャラクターが登場する女性向けバージョンとともに、3月末からサービスを開始する予定だ。

5Gは速度が高速通信規格「LTE」より10倍速いため、理論上は最大20ギガビット毎秒(Gbps)の超高速通信が可能。KT関係者は5G体験バスについて、NNAに対し「移動中のバスの中でも十分にVRコンテンツを楽しめるレベルにあることを体感してもらいたい」と説明した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:事務所のあるソウル地下…(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/18)

韓国サムウ建築士事務所、HCM支社開設(02/18)

LG CNS、アマゾンとクラウド事業で協力(02/18)

最低賃金、文大統領が自営業者に一定の理解(02/18)

上場企業の配当金が急増、初の30兆W超(02/18)

世界8インチウエハー月産量、台湾首位(02/18)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/18)

輸出入銀、大宇造船の永久債を売却か(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン