徴用工裁判で集団和解望む、原告弁護士

【共同=粟倉義勝】韓国最高裁が三菱重工業に賠償支払いを命じた元徴用工訴訟で原告代理人を務める崔鳳泰弁護士は、賠償を命じられた日本企業の資産を売却する強制執行の実行は「最終的な手段」で、その前に企業が和解協議に応じることを望んでいると強調、日韓双方の外交当局は解…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国政府が25日、黄海…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

SKTの量子暗号通信装置、米国で試験導入(01/24)

ラインタヤの韓国系工場、300人がスト決行(01/24)

サムスン電子、SSD新モデルを発表(01/24)

ドローン産業の大型拠点、竜仁市が造成へ(01/24)

現代モービス、18年受注41.7%増え過去最高(01/24)

現代ウィア、車軸と軸受け一体型製品を開発(01/24)

自動車部品輸出が容易に、韓印機関が提携(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン