• 印刷する

SK系列4社がCESに参加、新技術公開

韓国のSKグループの系列企業が8日から11日まで米ラスベガスで開かれた家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2019」に初めて共同ブースで参加した。

参加したのはSKテレコムなど系列4社。「SKの革新的なモビリティ」をテーマに新技術や主力製品を公開した。

SKイノベーションは電気自動車(EV)バッテリー、リチウムイオンバッテリー用セパレーターなどの技術を公開。同社は来年以降の参加の意向も示している。SKハイニックスは自動運転車向けのDRAMとNAND型フラッシュメモリー、SKCは自動車の軽量ケーブル向けのポリシクロヘキサンジメチレンテレフタレート(PCT)フィルムを展示した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

現代自がベトナム販売網拡充、地場と新法人(12:18)

テイクオフ:韓国政府が25日、黄海…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

SKTの量子暗号通信装置、米国で試験導入(01/24)

ラインタヤの韓国系工場、300人がスト決行(01/24)

サムスン電子、SSD新モデルを発表(01/24)

ドローン産業の大型拠点、竜仁市が造成へ(01/24)

現代モービス、18年受注41.7%増え過去最高(01/24)

現代ウィア、車軸と軸受け一体型製品を開発(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン